YOSHIKIがゲスの極み乙女。川谷に助言「ファンが納得する行動をとればいい」

スポンサーリンク
news_xlarge_DSC_3496

1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/03/20(日) 05:15:24.42 ID:CAP_USER*.net
X JAPANのドキュメンタリー映画「We Are X」が世界最大級の映画と音楽の祭典「サウス・バイ・サウス・ウエスト(SXSW)」でプレミア試写された。
苦境から再生したバンドの記録映画で、リーダーのYOSHIKIは不倫騒動で窮地に立つロックバンド、ゲスの極み乙女。
の川谷絵音(27)に「ファンが納得する行動を考えて」とアドバイス。

波乱の半生を乗り越えてきたバンドの大先輩が、渦中のボーカルにアドバイスを送った。

川谷とは昨年のNHK紅白歌合戦で初共演。ゲス乙女の軽快な演奏に「キャッチーな曲で、才能があると思った」と刺激を受けた。
それだけに川谷とタレント、ベッキー(32)の不倫騒動には驚きを隠せなかった。

YOSHIKIは「僕は結婚していないから(不倫のことは)分からない」と前置きした上で、厳戒態勢を敷いて報道陣に口を閉ざす川谷に
「いろんなタイプのミュージシャンがいると思うので」と困惑顔に。

ただ、川谷が背負った試練を、劇中で描かれるX JAPANの解散やメンバーの死去など苦悩に満ちた自身と重ね合わせた。
X JAPANは2007年に再結成して世界ツアーを行うなど、さまざまな苦境を克服し、再生に成功した。

「僕らの職業はファンの人たちに支えられている。
ファンを第一に考え、ファンが納得する行動をとればいいんじゃないかな」
とアドバイスし、
「僕が力になれることがあったら、なりたいと思う。才能のある人ですから」と思いやった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160320-00000501-sanspo-ent

続きを読む
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加