「音楽は通信制限かかるから聴かない」 女子中学生のツイートに衝撃が走る

スポンサーリンク
n85556f2dda125f9a

1: 名無しさん@1周年 2016/03/24(木) 11:36:04.66 ID:CAP_USER*.net
いまどきの女子中学生の音楽を聴く手段はスマホのストリーミングだけ――こんな主旨の投稿がTwitterで話題だ。

あるユーザーがツイートした内容によると、
「月々のデータ通信量に制限があるから自分の好きな音楽を能動的に聴くことはない」という。
これに対して、従来の音楽プレーヤーに馴染んできた世代は衝撃を受けている。

 ある中学生の女子に「音楽はどのようなものを聴くのか?」と尋ねたところ「音楽を聴くとデータ量かかるから聴かない」といわれた。
 彼女は音楽を聴くための手段をスマホのストリーミング以外知らず、
 月々のデータ通信量に制限があるから自分の好きな音楽を能動的に聴くことはないと言っている。

上記のツイートに対して、「えええ、ついにここまで来たの...?」
「…つまりニコ動やYouTubeのみでLISMOやら円盤を買わない?え、マジで」という反応のほか、
「周囲の中高生見渡しても、割とコレ現実なんだよな」「いまどきパソコンなんか買わないし、CDなんてハードはいけてないし、
定額配信にしてもsoundcloudにしても通信が足を引っ張る」といった声があがっている。

ひと昔前まで音楽を聴く手段といえば、CDを購入・レンタルするなど物理メディアを介すのが当たり前。
音楽プレーヤーに楽曲を取り込むにも、パソコンが必要だった。
最近は動画配信サービスや音楽ストリーミングサービスの登場で、スマホひとつで音楽が聴ける時代だ。

内閣府が発表した2015年度の「青少年のインターネット利用環境実態調査」の速報値によると、
10歳から17歳の青少年のノートPC利用率は20.3%、デスクトップPCは9.6%にとどまっている。

スマホで音楽動画を開くときもWi-Fi環境で接続しなければ、すぐに携帯キャリアの通信制限にひっかかってしまう。
「25歳まで毎月5GBプレゼント」の学割を発表したKDDIは1月12日の会見で、
気が付いたらデータを山のように使ってしまうため「通信制限が恐怖」になっているという学生へのヒアリング結果を公表していた。

http://www.excite.co.jp/News/bit/E1458709376516.html

続きを読む
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加